読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっつきむし(独断と偏見による)

いろいろ好きでゴメンナサイ

今年の観劇まとめ

雑記

今年はクリスマスの朝にエグゼイドの推しがぶっ殺されました。おかげで新年からはちょっとモチベが下がりそうなのに、殺し合い展開はむしろ大歓迎なので複雑です。作中でもガンガンクリスマスだったので、もう来年からはクリスマス=きりやくんの命日ですね。クリスマスプレゼントにレーザー関係のおもちゃ買ってもらった子供のことも考えろよバンダイ…とも思ったんですが、おもちゃ自体は今後も別のライダーたちが使うから関係ないね。よく考えてあるもんだよね。

まとめてみるとそれなりに行ったかなという感じですかね(個人の感想です)。あとそれなりに感想書いてないですね。リンクがあるものはクリックで感想記事にジャンプします。来年のことはあまり決めていないのですが、とりあえず柿喰う客の虚仮威とDステの柔道少年はチケット取ってあるのと、あとドラえもんグランギニョルレミゼは観に行こうと思います。グランギニョル楽しみすぎてやばいね!

いくつか感想を書かなかったことについては時間がなくて流れてしまったりしたのがほぼほぼの原因なんですが、「春よ行くな、」はわりとまとめきれないと思ったからっていうのもなんですよね。感想なんて書こうなんて書いたらいいんだろうと思っているうちにだんだん時間は経ち記憶もなんとなく薄れ。悪い芝居が気になっていたので軽い気持ちで行ってみたんですが、もうマジでクッソしんどかったです(語彙力)。帰り道鬱々としちゃって参ったよね。「なんでこうなっちゃうんだろう…」みたいなね。数日経ったら逆になんでそんなネガティブなんだよ!!!もっと元気だせよ!!!!!生きてりゃいいこともあるって!!!!!!!!ってなってました。

明けたらPS4を買ってしばらくゲームに勤しむ予定なのですが、観劇の方面もそれなりに新規開拓してみたり好きな人やものを観たりとかできたらいいんじゃないかなーと思います。真宙くんの出るものがたくさん予定されているので映画も観る予定です。あと遊戯王の新シリーズが楽しみ半分ビビリ半分なのと、姫宮桃李くんのお誕生日ガチャをぶん回します。本年は拙ブログにアクセスしていただき、読者登録などもしていただき、誠にありがとうございました。それではよいお年を!

「ミュージカル『黒執事』~NOAH'S ARK CIRCUS~」を観ました

ミュージカル

f:id:hinoyui:20161210193416j:image

黒執事、昔はわりとハマっていました。懐かしい。今回は一緒に原作を読んでいた友達と行ってきました。寄宿学校編の途中くらいまでは(主にPandoraHearts目当てに)Gファンタジーを買っており、わりとハマっていた時期もあったのですが、本誌を買っても読む作品が少なくなってきたのでお別れしてそのままでした。アニメは1期とサーカス編は観てましたね。ちなみにソーマ推しでした。立花慎之介はソーマで覚えた派。今ちょっと見たんですけどOPが懐かしすぎてできればこのまま包まれて終わりたい感じになりました。

で、それくらいの関わりだったので舞台版はよく知らなかったのですが、今回は好きだったサーカス編が舞台化、好きな役者さんもそれなりに多く、特にジョーカーが三浦涼介くんということで即決。元々りょんくんのことは好きだったんですけど、ただそれだけではなくて、絶対ぴったりだと思ったんですよね。だから素晴らしいものが見られるに違いないと確信してはいたんですが、本当に予想以上に最高でした…DVD買う…。

原作の魅力のひとつは豪華で凝った衣装だと思うんですが、再現度がめちゃくちゃ高くて感動ですね。ビジュアル撮影用のものなんて凄まじいんですけど(ドールのスカートとかエグい)、舞台用のものも比べてしまえば簡略化されているのはわかりますが気にならないとかいうレベルですらありませんでした。ヤバい。特にシエルのコート姿なんてシルエットが原作でしかなかったし、全体的にきらびやかで見ていて楽しかったです。

演出もプロジェクションマッピングがこう…なんかディズニーランドみたい(バカ)。セバスチャンがパッと腕を振ったら汚れた手すりが綺麗に!なシーンとかこいつはミッキーマウスなのか…!?と思った。真面目な話ではケルヴィンの回想、ラストのリボン、サーカス団が子供を攫うシーンなんかが好きです。サーカス団の登場シーンとかも本当のサーカスみたいで楽しかったなあ。音楽はなんていうのかワン・デイ・モアみたいなやつとか格好良かったしジョーカー全般好きなんですけどほんとに曲名なんていうんですかね…。

ストーリーはそうそうこういう後味悪い感じだったよね~と。シエルがジョーカーに言ったように正義なんてものは曖昧で、この世は力の強い者の支配下でしかないって話なんですよね。弱い方は踏みにじられるだけ。だからジョーカーたちは搾取され続けたし、どんなに足掻いたところで圧倒的強者であるシエルたちに彼らはなすすべもない。そしてそれを突きつけ、一切の救いも与えない。当のシエルも汚い奪う側の人間でしかなく、かつては奪われる側でもありましたが、だからこそ自覚させられてしまう。社会とは、現実とはこんなにも無情で残酷なんだという悲しさ、虚しさが残りました。

2時間40分の尺に原作3巻分の魅力を詰め込んだ素晴らしい舞台だったと思います。あと久しぶりに原作が読みたくなりました。下手したら買うしDVDは絶対買う…チクショウ踊らされてやがる。

追記からダラダラした感じの萌え語りとかです。

続きを読む