ひっつきむし(独断と偏見による)

いろいろ好きでゴメンナサイ

ミュージカル「1789」に行ってきた

フランス発フランス革命フレンチロックなミュージカル、1789を観てきました。やっぱり元々が最近の作品(2012年)なだけあってか、オシャレで現代的な音楽やダンス、プロジェクションマッピングなんかが使われていて格好良かったです。あとベルサイユのセットが豪華な感じで好き。

私が観に行ったのはロナン=加藤和樹、オランプ=夢咲ねね、マリー=凰稀かなめ(敬称略)の回で、加藤くんと夢咲さんと子役の2人が千秋楽ということでした。話題になってるから行ってみるか、くらいの極めて気軽な感じで行ったので(日程的には都合がつきそうな日を選んだだけ)、行ってみたら千秋楽の挨拶始まってびっくりしましたね!(アホ)

フランス革命というメジャーな題材でしかもフランス発ということもあり、こいつは誰で最終的にどうなる的な説明がほぼ一切なくて、やっぱり時代劇(?)を観るときはちょっとお勉強が要るなと思いました。知ってたら絶対もっと楽しめたろうなあ。アルトワ伯とかたぶん初めて知ったわ。バカがバレますが私のフランス革命知識ってほぼ小学生の時に読んだベルばらとマリー・アントワネットの漫画伝記だけなんですよね…。高校では日本史選択だったし。考えてみたら日本の時代劇でも信長の説明とかしませんもんね。 1789はあくまでロナン(とオランプ)の物語で、歴史がどう進んだかとかみんな知ってるよな!!的な波動を感じました/(^o^)\

とりあえず気になったところから言うと、紗幕に映像を投影し、その前で芝居させつつ後ろでは転換、というのが多用されていたんですが、なぜか2幕からやたら足音が気になってつらかったです。音出ないようにするか音楽かぶせてよぉ! あとサイラモナムール(恋人たちがペアになってダンスとかする歌)のときロベスピエールの彼女が急に出てきたのが気になりすぎて集中できなかったのと、ロナンくんが手のひらクルクルしてた理由がよくわからなかった…なんで急にキレるんだよこいつら悪くないじゃん! むしろ頑張ってたじゃん! ついでに棺の前でイチャつくなよ不謹慎だろ!

好きなところ、よかったところ的にはまず登場人物が仲良くしてるシーンはかわいくってニヤニヤできて好きです。なんと言ってもシャルロットが可愛すぎる! ダントンに抱っこされたり、ロナンとおてて繋いでハケていったり、カテコではおいしいところを可愛くキメたり、もうメロメロでした。有能だし。ルイ=ジョセフも天使のようで可愛かったなあ。オランプもなんていうかぼくのかんがえたさいきょうのヒロインかな?って感じで可愛くて強い人で最高でした。好きです。ツンデレっていいよな。

でも革命家3人組とか仲良しでかわいいなと思ってたのに(ロベスピエール+ロナン+デムーランで肩組んで歌うところが好き)、後からWikipediaとか見たらこいつらこの後仲違いしてリュシル含め全員処刑されるんかいと…。どちらかと言うと知っててその無常を楽しむのが正解だったんでしょうけど白目剥きそうでした。

ラマールたち3人組もコミカルで好きなんですが、3部会のパペットからの操り人形演出がめちゃくちゃ好きです。あとラストの退場の仕方が好きすぎる。

ほかはアルトワ伯かなあ。お耽美で美しい出で立ちから繰り出される如何ともしがたい小物&ナルシシストっぷりがグッド。イリュージョンできるし。オランプモテモテすぎない?と思ったんですが、元々はあの歌ラマールの担当だったんですね。マリーも話が進むにつれていい人化していったりしてましたが(白いドレスが美しかった)、オリジナル版ではあんなキャラじゃないらしいしオリジナル→宝塚でかなり改変されてるっぽいですね。実際比べて観てないので良し悪しは知りませんが。

総合的には、歌・ダンス・演出・キャラ立ち・美術は素晴らしかったし好きだけど心情の描写・変化には突っ込みどころを感じる、1幕の方が好き(2幕でテンション下がった)という感じ。ちょっと一言添えてくれれば自然なのに…と思うところが多かったので残念でした。でも再演があれば観に行きたいかな。