読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっつきむし(独断と偏見による)

いろいろ好きでゴメンナサイ

「ニューダンガンロンパV3」システム面雑感

PSPPSVitaとこれまで携帯機で開発されてきたダンガンロンパの新作はついに据え置きのPS4。Vitaとのマルチでもやはりハード的に新しくはなってますからね! 移植でも画質に感動しましたが、ムービーやイベントのボリュームも増えたような気がしますし、通常の会話シーンや背景CGのアニメーション・情報量も盛り盛りで時代の進歩を感じました。でもメッセージポイント減ってるのはどういうことなの。ここ地味にすごくガッカリポイントなんですよね。「お肉の十代なんだよ」的な迷言が足りてないぞ。あと謎シューティング要素めんどくさいだけだからいらない。

ダンロンの主役・裁判パートはシステム的にかなり刷新されましたが、中でも「偽証」はいろんな意味ですごく面白い。矛盾を暴き真実を追い求めるはずの主人公が「嘘」、の時点でおっと思うし、ささやかですがルート分岐があるというのも良いですよね。コトダマ記憶は犠牲になりましたが偽証の方が考え甲斐があって好きです。とはいえ今作のテーマ「嘘」ありきな感もするので、次回作があるとしてもまた別のシステムに取って代わられることもありそう?

「議論スクラム」はテンポ感も楽しく、横顔がズラッと並ぶ絵面もかっこよくて好き。「嘘をつく」っていうのもそうなんですが、こういう仲間割れ展開とか「パニック議論」の皆が同時に話しちゃう感じってどうして今までなかったんだろうってくらい学級裁判にしっくり来ますね。この辺の新システムはすごく良いと思います。車はスケボーよりつまらなくなっててウケる。スケボーは単純にミスりまくってイライラしたんですが、車はイジワルでも退屈だし簡単すぎるからちょっとなあ。我適切な難易度を所望す。というかこの手のいらない。

いらないというか成長してないと言えば音ゲー(笑)。「理論武装」のいいところはあの一枚絵くらいだよ。せめて音に合わせてボタン押させろって言ってんだろ(半ギレ) さもリズムゲーみたいな顔をしておいて実際音に合わせるとミスるというか合わせるべきBGMがそもそも聞き取りづらいってどうなんでしょうね! 結局今回も目押し安定じゃねえか! 音に合わせてできれば面白いだろうなって思うのに。

 今回はおまけを充実させているのも売り込みポイントみたいですね。「育成計画」でキャラを育て、「絶望のダンジョン」で集めた金でガチャを回してまた育て…というループ。大味ながらけっこう遊べて面白いです。でもすごろくと戦闘の演出は早送りさせてほしかったなあ。「育成計画」では歴代のキャラが平和な世界で絡むイベントがいっぱい見られて楽しいんですがなんかもうつらいです。優しい世界がつらい。こういうのが見たいっていう取り合わせを抑えてくれてて嬉しいですね。

カジノは鮭以外運ゲーすぎるからちょっとなあ。モノリスのイジワルS取るのに何時間使ったことか…。私が取ったときまだトロフィー0.1%だったので嬉しくて記念撮影しちゃいましたよハハハ(アプデ前)。車もモノキッドとモノダムの配置に頼る運ゲーなので時間がかかった。鮭はノーミスでモノダム1・2個取れればS安定するので稼ぎは鮭ですね。鮭と言えば紅鮭団で移植であった各キャラへのショートカットが消えてるのはなんでなんですかね。これほんと不便でイライラした。

システムについてはこんなもんですかね。キャラとかストーリーについてはまた細々と考えたいし書きたい。私はオチについて肯定派というか、なんでみんなそんなに悲観してるの?な希望的観測派というか、なんにしてもダンガンロンパを肯定したい派。考えて納得したい。私はダンガンロンパが大好きだし、その気持ちが壊されたとも思っていません。今作も楽しめたし、次回作があればまた予約して買うでしょう。今はまだ何も決まってないらしいけどとりあえず王馬視点漫画と天海主役スピンオフがほしい。

映画「ドント・ブリーズ」を観ました

f:id:hinoyui:20170103215656j:plain

去年末にはなりますが、久しぶりに映画を観に行きました。たぶん前に映画を観たのはライチ☆光クラブ(去年の春)が最後。それくらい映画を観ない人間がなぜ…!?とかいう話では別にないんですけどね。単純に面白そうだったので。あと友達とのノリ。

「ドント・ブリーズ」はジャンルとしてはサスペンスホラーになるのでしょうか。デトロイトに暮らす若者3人組が主人公なのですが、大金を貯め込んでいるらしい盲目の老人の家に強盗に入ったらその爺さんはバカみたいに強い殺人鬼で仲間の1人は瞬殺、サクサク退路を断たれ、老人から逃げ回りながら脱出を図る…というストーリー。

お話的にはそれだけっちゃそれだけなのですが、とにかく緊張感が半端ない。タイトルや画像のように、まさに「息を殺して」老人をやり過ごしたり、銃を乱射する老人からとにかく全力で逃げたり、時には戦ったり、バリエーション豊かな手に汗握るシーンの連続で、最後まで飽きの来ない映画です。面白かった。系統的にはステルス・スニーキング系のホラゲーなんかをイメージしてもらえるとわかりやすいんじゃないかと。

主要な登場人物がクズと異常者しかいないんですが、こっちも緊張感から逃れたくて主人公たちに感情移入してしまうし、それ以上に爺さんが理解不能で気持ち悪いので、観てるともう強盗とかその辺関係なく「頑張れ!頑張れ!」みたいな感じになってきて面白いんですよね。3人組の1人が狭い部屋で爺さんとガチバトルするシーンとか、逃げ切れそうになるシーンとか(何回もあるけど)めちゃめちゃ応援した。

あと老人の飼っている犬がめちゃくちゃ凶暴で、単純にびっくりさせられるわ普通に怖いわで聞いてねえよと思いました。私の見た宣伝とか紹介だと爺さんのことばかりで犬のことなんか一個も書いてなかったよ。犬怖いよ犬。よだれダッラダラだもん。吠え声めっちゃデカいし。

グロ度的には人間がノーマルに射殺されたりボッコボコに殴られたりするくらいで、グロすぎず程よい感じだと思います。首飛んだり内蔵出たりグチャグチャになったりはしないので、よっぽど苦手な人でなければたぶん大丈夫。むしろ一番不快なシーンは全然グロくないです。オチはたぶん気に入らない人もいるだろうな、という感じ。スッキリはしない系ですが個人的にはわりと好きですね。むしろスッキリしないのが良い。予告や紹介を見て面白そうだなと思った方にはとてもオススメな映画です。

 

最後にはなりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。更新がんばりたいです。