ひっつきむし(独断と偏見による)

いろいろ好きでゴメンナサイ

「音楽劇ヨルハ Ver1.2」の感想

f:id:hinoyui:20180211123846j:plain

 遠い未来。突如襲来したエイリアンと、彼らが繰り出す兵器「機械生命体」によって地球を侵略された人類は、月に逃れていた。地球を奪還するため、人類側はアンドロイド兵士による抵抗軍を組織。膠着した戦況を打破するべく、衛星軌道上に存在する人類の防衛拠点からは、新型の女性アンドロイドだけで編成された実験部隊「ヨルハ」を投入する事になる。

地上で戦い続けるレジスタンス部隊との邂逅……立ちはだかる数多の敵と罠……過酷な戦いの中、司令部が「ヨルハ」に託した新たな可能性とは――。

新しき者と旧き者。それぞれが僅かな希望を抱き、機械生命体との決死の戦いに挑むのだった。

パンフレット<STORY>より

 千秋楽おめでとうございました。先週の「少年ヨルハ」と合わせて一段落ついた感じですね。こっちとしても二週連続遠征でけっこうしんどかったのですが、それ以上に充実してハッピーでした。ニーア大好きだなって思いました(作文)。

「音楽劇」もビジュアル的な完成度が非常に高く、舞台上やパンフレットの彼女たちを見てるだけでも幸せになれます。楽しい。「少年」ではゲームと同じで黒手袋で統一ですが、「音楽劇」のヨルハたちは白手袋で華やかですね。「少年」と同様、パンフレットに軽く衣装設定が載っているのですが、こだわりポイントとかそれぞれのキャラクターに合わせてるところとかがわかっていいですね。にしてもみんなかわいくて綺麗でかっこよかった。

あとはやっぱり「音楽劇」なので音楽が最高でした。エミさんと河野さんのお歌、そして生演奏をこんなに早くまた堪能できるとはここまで恵まれてていいのかレベル。オートマタ(とレプゲシュ)の曲だけでなく、DOD3の曲までけっこう突っ込んできたのはちょっとびっくりでしたが。音楽+ダンスでの表現がとても好きです。めっちゃエモい。

プロジェクションマッピングやスクリーンを使ったダイナミックな演出もとてもかっこよかったです。なんか既視感あるなーと思ったらこれユニバだわ~とかつぶやいてたら河野さんが同じようなこと言ってて笑った。ちょっと3Dメガネほしかったよね。逆にそういう演出に頼らない殺陣もバッチリ充実していて非常に満足度が高かったです。特にラストが大好き。

「少年」もスクリーンなど使っていましたが、あちらは基本的にスタンダードなアプローチ(たぶん)だった一方、「音楽劇」は演技!殺陣!歌!ダンス!映像!な感じで、ヨコオさんがなんかのインタビューで言ってた「幕の内弁当」っていうのがまさにそれだなと思いました。演劇と言うよりはショーみたいな。めちゃくちゃ楽しかったです。

 

ネタバレはたたみます。

続きを読む

柿喰う客2018年本公演「俺を縛れ!」の感想

f:id:hinoyui:20180206215748p:plain

黒歴史的娯楽大作が10年の時を超え堂々復活!
荒唐無稽!笑止千万!茶番チャンバラ時代劇、ここに解禁!

幕府の大御所・徳川吉宗が大往生を遂げたことをきっかけに、悪名高き将軍・徳川家重は奇妙な難題を諸大名に突きつける!
横暴な幕府にも、心を削り身を削り一途な忠義を貫き通すのは「三度の飯より主君が命」を信条とする弱小田舎大名・瀬戸際切羽詰丸!
その過激な滅私奉公は、やがて天下を揺るがす大騒動に発展する!?

柿喰う客

千秋楽おめでとうございました。

こちらも東京で少年ヨルハとともに観てきたのですが、もう本当に面白かった! お腹痛くなるまで笑いました。特に百人斬りのくだりとか笑いすぎてしんどかった。

相変わらずのテンポの良さが気持ちよかったし、特にギャグベースな感じで8割9割笑ってたんじゃないかと思うんですけど、その反面で実際はかなり狂気的な展開だったり(どシリアスに描いたらホラーになりそう)、締めのテーマ的な部分にしてもゾッとさせられたりして、なんというか一言でまとめるとやっぱりすごく面白かったんですよね。こういうの大好き。

ゾッとしたと言えば主人公・瀬戸際切羽詰丸の永島さん。もうほんとに途中から目がヤバいんですよね。完全にイってた。アフトでも永島さんが言ってらっしゃったんですが、何も考えないことの怖さってあるよなって感じでした。切羽詰丸も途中まではどうしようどうしようって考えてるんですけど、どっちに転んでも裏切りになる状況だったりサックサク話が進んでいったりするものだから考えるのをやめちゃうんですよね。ただの裏切りマシーンになってしまった姿は恐ろしかった。

切羽詰丸が操り人形だとすれば操っていた方は軍兵衛ですよね。神永さんってもちろんかっこいいんですけど、どっか胡散臭い顔しててピッタリだなって思いました(作文)。切羽詰丸と一体化したように掛け合うシーンがすごく印象的です。わりとこいつだけ何も痛い目を見ることなく、かと言って特別何か得たわけでもなく終わってるのがまた気持ち悪い。単なる人間というよりは、どこか悪魔めいた存在に感じました。

あと今回はひとつ宮下さん目当てなところあったんですけど(遊戯王好きだから)、なんというか脳に焼き付きましたね。濃いわ。ざくろも真面目になって考えてみればものすごく波乱万丈な人生送ってるんですけど濃すぎるわ。再放送で「ミルクでももらおうか」とかほざいてる遊星さん見た翌日だぞみたいなとこある。でもめちゃくちゃなのにちょっとキュートに思えるところもあったりしてもう何がなんだか。

柿喰う客のお芝居を見るのももう何度目かになるんですけど、やっぱり面白くて楽しかったです。好きだなー。