読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっつきむし(独断と偏見による)

いろいろ好きでゴメンナサイ

映画「ドント・ブリーズ」を観ました

映画

f:id:hinoyui:20170103215656j:plain

去年末にはなりますが、久しぶりに映画を観に行きました。たぶん前に映画を観たのはライチ☆光クラブ(去年の春)が最後。それくらい映画を観ない人間がなぜ…!?とかいう話では別にないんですけどね。単純に面白そうだったので。あと友達とのノリ。

「ドント・ブリーズ」はジャンルとしてはサスペンスホラーになるのでしょうか。デトロイトに暮らす若者3人組が主人公なのですが、大金を貯め込んでいるらしい盲目の老人の家に強盗に入ったらその爺さんはバカみたいに強い殺人鬼で仲間の1人は瞬殺、サクサク退路を断たれ、老人から逃げ回りながら脱出を図る…というストーリー。

お話的にはそれだけっちゃそれだけなのですが、とにかく緊張感が半端ない。タイトルや画像のように、まさに「息を殺して」老人をやり過ごしたり、銃を乱射する老人からとにかく全力で逃げたり、時には戦ったり、バリエーション豊かな手に汗握るシーンの連続で、最後まで飽きの来ない映画です。面白かった。系統的にはステルス・スニーキング系のホラゲーなんかをイメージしてもらえるとわかりやすいんじゃないかと。

主要な登場人物がクズと異常者しかいないんですが、こっちも緊張感から逃れたくて主人公たちに感情移入してしまうし、それ以上に爺さんが理解不能で気持ち悪いので、観てるともう強盗とかその辺関係なく「頑張れ!頑張れ!」みたいな感じになってきて面白いんですよね。3人組の1人が狭い部屋で爺さんとガチバトルするシーンとか、逃げ切れそうになるシーンとか(何回もあるけど)めちゃめちゃ応援した。

あと老人の飼っている犬がめちゃくちゃ凶暴で、単純にびっくりさせられるわ普通に怖いわで聞いてねえよと思いました。私の見た宣伝とか紹介だと爺さんのことばかりで犬のことなんか一個も書いてなかったよ。犬怖いよ犬。よだれダッラダラだもん。吠え声めっちゃデカいし。

グロ度的には人間がノーマルに射殺されたりボッコボコに殴られたりするくらいで、グロすぎず程よい感じだと思います。首飛んだり内蔵出たりグチャグチャになったりはしないので、よっぽど苦手な人でなければたぶん大丈夫。むしろ一番不快なシーンは全然グロくないです。オチはたぶん気に入らない人もいるだろうな、という感じ。スッキリはしない系ですが個人的にはわりと好きですね。むしろスッキリしないのが良い。予告や紹介を見て面白そうだなと思った方にはとてもオススメな映画です。

 

最後にはなりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。更新がんばりたいです。