ひっつきむし(独断と偏見による)

いろいろ好きでゴメンナサイ

ぱっちについて

まずはハブレン5日間おつかれさまでした。素晴らしいものをありがとうございました。

今回は劇団Patchにとってひとつの節目。記念すべき10度目の本公演であり、Vol.2以来という劇団員のみでの公演であり、総合演出として作・演出をつとめてきた末満さんの手を離れるタイミングともなるそうです。

個人的な話をさせてもらうと、私とPatchの出会いはVol.6の「SPECTER」でした。遡ってその前年の夏、LILIUMの紹介を読んだのがだいたいの始まりで、DVDが発売されるまでの間にDステ版のTRUMPを観てみたりした結果ドップリ。それまでは3次元にはほとんど興味がなかったんですが、そんなこんなでTRUMPシリーズの更なる続編として発表されたSPECTERのチケットを買いました。

だから私にとって劇団Patchは最初、「末満さんのお芝居をやってくれるところ」でした。今回も当然末満さんの作品としてすごく楽しみだったし、次からはそれがなくなることを寂しくは思います。でも、末満さんが主宰とかそういうわけではないので、いつか来るべき時が来たという感じなんでしょうね。何かと具合が悪そうで心配だったので、そういう意味では仕事量を減らすということに安心してもいます。ほんとにお身体は大事にしてほしい…。

閑話休題。最初は劇団Patchって何じゃそりゃだった私もだんだんとメンバーを覚え、Twitterをフォローし、末満さんが関わっていなくてもチェックするようになり、一応イベントだとかにも行くようにはなりました。本当にファンと名乗るのもおこがましいような、微々たる貢献しかしていない、なんならそこまで熱中しているわけでもないような単なるいち観客ですが、私なりにPatchを好きです。そしてこれからも好きでいるでしょう。

何が言いたいって末満さんがいなくても私はこれからも劇団Patchを観に行きますよ、それぐらい好きになりましたよってだけなんですが、こう振り返ってみるともう2年か。けっこう長い。

今後誰かが総合演出というポストにおさまるのかそうでもないのかとかはよくわかりませんが、またいつか末満さんがPatchの公演に作・演出として参加したりとか、そうでなくても末満さんのお芝居にメンバーが出ることがあれば嬉しいなあ。

そしてもちろん、今後のPatchを心から楽しみにしています。末満さんの手を離れるのは残念ではありますが、また違う方の演出する劇団Patchはどんなお芝居をどんな風にやるのかと思うとワクワクして。早く次の公演のことが知りたいです。

 

本当はハブレンの感想の出だしだったはずなんですが、書いてたらポエムが長くなりすぎたので切り離します。ハブレンについてはまた後日。ありがとうございました。