読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっつきむし(独断と偏見による)

いろいろ好きでゴメンナサイ

カードゲームなんだから死人くらい出る

アニメ 遊戯王

突然今までと違うことを書くんですけど、「遊☆戯☆王」をご存じでしょうか。名前くらいは聞いたことのある方の方が多いと思いますし、カードゲーム版は知っていたり通った方もきっとたくさんいらっしゃるはず。今年は20周年記念で映画もやりました。しかし今もTVシリーズは放送中であり、それが5作目(6作目とも言うけど*1)に至っていることはどうでしょうか? まあ今のシリーズ絶賛炎上中なんですけどね!

歴史については興味があれば調べていただきたいんですが、私も昔から兄の持っていた原作を読んだりアニメを見たりしていて、2作目のGXに変わったあたりで見なくなり、3作目・5D'sの後半3分の1あたりから戻ってきました。理由は忘れたけど。

しかしここで問題なのが初めて見た回、110話でした。ホビーアニメの文法ってただでさえ慣れないと相当おかしく感じると思うんですが(おもちゃが世界の中心ってレベルだったりおもちゃで世界征服しようとしたり)、そこは小さい頃に鍛えられましたので死人が出るくらいはなんのその…と見せかけてさすがにたまげましたね。というかそういう次元の問題じゃなかった。5D'sはバイクに乗ってデュエル(カードバトル)するんですけど(ツッコミ禁止)、ぼーっと見てたらなぜかバイクと合体してた人が覚醒した主人公に派手に吹っ飛ばされて上半身ちぎれ飛んだ

f:id:hinoyui:20161205134509j:imagef:id:hinoyui:20161205134305j:image

なんということでしょう。まあよく見ればわかるけどこの人ロボットだからそうグロくはないし、だから放送できたんだとは思うんだけどそういう問題じゃないよね。しかもこの後、主人公「大丈夫か!?」って駆け寄るからね。お前がやったんだろと

さらに仲間のはずのキャラに戦闘不能をいいことに下っ端呼ばわりされたりデッキを取り上げられたり、もうカオスな展開の連続にうっかり虜にならざるを得なかった。そんなわけで最初は面白がって見ていたんですが、端々にトンチキな台詞や展開をさしはさみながらも熱いストーリーやキャラクターに次第にハマり、それ以前の部分もレンタルやら再放送で目を通しました。

ところでカードアニメあるあるのひとつが負けたら死・消滅系の展開だと思います。特に中断は許されないしお互い戦いたくないパターンだと最高(鬱厨)。5D'sでは記憶喪失の青年として後半仲間入りするキャラが好きなんですが、彼は最終盤で記憶を取り戻し敵幹部であることが発覚、主人公と戦って散るという結末を迎えます。このときのデュエルがシチュエーション・展開ともに非常にツボなんですよね。まず負けたら死ぬ上に勝敗がつかないと出られない異空間でデュエルが行われます。なんやねんそれと思うかもしれないけどそこは飲み込んでほしい

主人公は仲間と戦いたくないものの世界を守るためにデュエルを進めざるを得ず、彼は敵でありながら今や主人公たちも大切な仲間だと感じている。彼は最後に戦いを挑んだのは主人公に新たな力を授けるためであると明かし、ラスボスを救ってほしいと頼みながら主人公を脱出させ消滅する…というのが熱く美しくやるせなく、今でも1、2を争うほど好きなデュエルです。特に必要はないけど好きだから消滅するときの顔を載せておこう。希望を託す笑顔。

f:id:hinoyui:20161205160000j:image

主人公たちの命を狙ってくるような敵、特に人外や章ボス(人間をやめている場合)であればほぼ死ぬと言っていいのですが、味方キャラは意外と死ぬことはありません。ということで、ここで4作目・ZEXALを見てみましょう。

f:id:hinoyui:20161206102153j:image

6番目、つまり最後のOPの集合カットなんですが、16人ほど味方側メイン〜準レギュラーのキャラが描かれているんですね。終盤、このうち11人が死亡・消滅していた時期があります。あとここに映っていないレギュラーキャラも純粋な敵以外でも10人くらいは死んでたし、誰が誰を殺したかってまとめ画像なんてものまであったし、前世の回想とかまで含めれば3回くらい死亡・消滅したのが複数いるのがZEXAL。

とはいえ基本はデュエル死=光になって消滅なわけで、ここは慣れていなくても復活するんだろうな感をなんとなく覚えるかと思います。しかしいるんですよね。勝ったのに物理的な要因で死んだキャラが

最終盤のことです。主人公のライバルの片割れは世界を救うためになんやかんやあって月面でデュエルしていたのですが、長い間異世界パワー(ツッコミ禁止)で体を酷使していたために力尽き、ダメ押しで宇宙服も壊れ、それが最期となりました。勝ったのに

f:id:hinoyui:20161206115349j:image

いやこうして書くとちょっとアレだけどめちゃくちゃシリアスでしたからね。画像なんか最後の一撃の前に宿敵だった対戦相手を讃え、「もし次に出会えることがあったら、お前に何があったか聞かせてくれないか…」とか言ってるシーンだからね。そして後を頼んで死んでいく。そりゃ宿敵の方も泣くよね。これも好きだから貼る。ちなみに数話後に彼も死にました(託された希望はちゃんと主人公に届けたよ!)

f:id:hinoyui:20161206113544j:image

不思議な力で消滅するパターン以外の退場(ガチ死)は珍しく、特に味方キャラではかなりの異例でした。いろいろあって世界を書き換える力が行使され、最終的には全員が復活するわけなんですが、そうでなければ彼は死んだままだったと思われます。放送中はまさか死んだまま終わるのかと戦々恐々だった思い出。  

カードゲームで人が死ぬって言うとなんだか面白くなってしまうんですけど、意外と見てると気にならないんですよね。ちゃんとカードと世界の危機や不思議な力との関係が設定されている場合が多いし、死人が出るようなものだとなんならカード以外の能力バトルなんかに取っ替えても成立するくらいのストーリーだったりするし。

あと、個人的には戦闘の尺が長いこと、それに伴う会話の量がカードアニメの魅力だなと思っています。カードバトルとはときに議論であり精神攻撃であり説得であり説教でありその他諸々な精神のぶつかり合いであり、それをカードと会話の両面で表現するものなんですよね。

だからバトルの中で理解しあったりとか、ゲームの決着が着く前に精神的には負けを認めたりとかそういう展開もあり得るんですけど、どれだけとどめを刺したくなくてもゲームは進めなければならず、必ず終わりが訪れるわけで*2、命賭けちゃってるパターンとか、そうでなくても負けたら死にそうな展開だとなんかもうしんどいですね(急に語彙力を失う)

しかししんどいからこそ見応えがあり面白いとも言えるので悩ましいところです。特にZEXALでは主人公側と対立するメインキャラクターの多くが敵対感情からではなく譲れない事情から戦うことになるというパターンで、むしろ主人公たちと友人関係だったりすることもあるので切ない展開が多いんですよね。最高にしんどくなれます

まあ何が言いたかったって、カードアニメっていうか遊戯王面白いよっていうかZEXAL見てほしいなっていう話でした!ZEXAL好きすぎるんだよ!!BSで金曜5時から再放送やってるよ!!まあもう90話代だけどな!!!(全146話) 音楽とか作画とか推しキャラとかも語りたいんだ本当は!だから推し(Ⅳさん)貼って終わります!さようなら!!

f:id:hinoyui:20161206154111j:image

*1:2作目以降制作会社が変わっているため、今の制作会社では5作目ですが通算では6作目

*2:基本的に本人たちの意思による中断はありえない