読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっつきむし(独断と偏見による)

いろいろ好きでゴメンナサイ

「仮面ライダードライブ ファイナルステージ」に行ってきた感想その2

仮面ライダードライブ ファイナルステージ&番組キャストトークショー [DVD]

前回の続き、トークショーの感想です。もう日にちが経ってしまったので結構忘れてるけど。

2部が始まってまずはキャストが順番に登場。

内田さん「大阪の皆さん、確保やねん!」(かわいい)

上遠野くん「人がこんなにたくさんだと……つい、乱れちゃう」(低音)

蕨野さん「友達がこんなにたくさん…!」(すごいオーバーリアクション)

などとボケが入る中、一番に出てきて無難にキメた竹内くんはボケればよかったと悔しがっていました。

なぜか松島くんは「おはようございます!!」と早歩きで通過。後の回でもわりとこんな感じだったらしいですが。

皆さん椅子に座るんですが、座り方も稲葉くんが椅子を左右に軽く回していたり、上遠野くんはやたら脚の置き方がスタイリッシュだったり、

馬場さんはヒールのせいか少し座りづらそうで時々脚をプラプラさせていたり(かわいい)、見ていて少し面白かったですね。

あと稲葉くんと井俣さんが隣だったんですが、稲葉くんが最初の方やたらボディタッチしていて仲いいのかなと思いました。

どういう流れだったのか微妙に忘れたんですが「おじさん大丈夫かなって思ったもん~」などの発言も飛び出していました。

井俣さんはキャスト陣ではいじられ役という話は聞きますがその片鱗を見たような気がする。

あとは箇条書き気味で。

・「ゴーストの放送観てきた人~?」と客席に聞く竹内くん。

 それなりに手が挙がったのですが、その瞬間「あぁ~!」と竹内くんが悲鳴を上げてました。

 その後もMOVIE大戦があるよ的な話をしたり、泊進ノ介殉職の話の流れで「ヒーローは一度死んで蘇る…!」とかやってくれたり。

 他のキャストさんからもゴースト楽しみだよね的な発言が。

・ブレン役・松島くんが「東映のプロデューサーに物申したい」と立ち上がり、稲葉くん上遠野くんら辺がものすごい煽る。

 なんでもオーディションの後、最初の面談で「ブレンはめちゃくちゃかっこいい役だから、こういうステージとかではもう黄色い声が上がっちゃうから」みたいなことを言われたらしい。

 \かっこいいー!/からの松島くん「知ってる」(真顔)

 「実際は『草生える』とか言われてんじゃねえか!」とお怒りの松島くん。

 竹内くん「草って何…?」上遠野くん「だぶるだぶる、みたいな」

 Twitterとかインタビューとか見てる感じでも松島くんは特にネットの評判気にしてたみたいですもんね。

 「でも本当はおいしいって思ってるんでしょ?」とニヤニヤ聞かれて超笑顔で肯定する松島くんがかわいかった。

 「ブレン出てなくても『ブレン出なかったwww』とかつぶやかれてる」とか「最終回のエンドロールな!!」みたいなことも言っていたと思います。

・やってみたかった役でブレン(とメディックw)と答える井俣さん。

 まさかのジャンピング土下座をやる流れに。

 松島くんがわりとガチな感じで「俺砂浜、ここ板」

 しかし敢行する井俣さん。なぜか馬場さんは立って見守る感じに。

 「その顔が見たかった!!」の顔芸もばっちりだったんですが、その後シーン再現でブレン松島が再びのジャンピング土下座。

 ここでは馬場さんは座って台本を読むのみでほぼ松島くんの一人芝居w

 井俣さんよりものすごい勢いでダイブし(ものすごい音した)、やり遂げた後「膝打った」と痛そうにしていました。

・場面場面の写真を出してトーク。

 「泊進ノ介殉職」のシーンについて、フリーズに凍らされている体のメイクに1時間くらいかかったのこと。

 何かゼリーとかシリコンとか混ぜまくって完成したのが泊進ノ介の死に顔らしいです。

 砂利の多い地面での撮影だったので、駆け寄ってくるゲンさんにめちゃくちゃ小石飛ばされて痛かったらしいw

 他はゲンさんのデカ魂~のシーンなど。

・さらにその流れでシーン再現に。

 ブレンのジャンピング土下座のほか、剛と進ノ介が初めて出会うシーン、剛と進ノ介が和解するシーン(俺はお前のブレーキだのところ)だったかな。

 稲葉くんは「俺はお前のブレーキだ」のシーンが一番好きとのこと。私も大好きなので嬉しかった。

 このシーンの再現ではしっかり椅子を向かい合わせにセッティング。

 台本の「モテモテな剛」のト書きで、実際そのシーンの女の子たちはいないので稲葉くんが「一人でモテモテしてるね」と言い出し、椅子の上でゆらゆら揺れながら「モテモテ、モテモテ」と呟いていたのがすでに面白かったw

 霧子「注意してきます」あたりから一連のやり取り。ほとんど台本を見ずにバッチリ再現していてすごいなあと思いました。

 しかしなぜか本編よりガッツリ顔を近づける進兄さんで笑いが漏れる。

・剛と進ノ介が出会うシーンでは、「せっかくだから上の方に」と壇上に登る稲葉くんに上遠野くん松島くんから煽りが入り、「安全性に考慮しつつね!」と強調する稲葉くん。

 このシーンって元々は剛が屋根の上から登場→飛び降りてきて進ノ介と会話→ものすごいアクロバットな動きで退場、という流れなんですよね。そりゃ煽るわ。

 屋根の上から進ノ介の写真を撮る剛…というところで再び「カシャカシャ、カシャカシャ」と呟く稲葉くん、「お前そういうの好きだな」と突っ込まれていました。

 ステージは三段くらいになっていたのですが、一番上から一応ひょいひょいと飛び降りてきて進ノ介との会話へ。

 稲葉くんは「特状課巡査泊進ノ介…バーサス!謎のカメラマンの対決だ!」の「バーサス」の部分がお気に入りらしいです。

 「特状課巡査泊進ノ介」で進ノ介が驚いたところに「バーサス!」と思い切り強調しながら叫ぶのが好きとか。

 「謎のカメラマン」って自分で名乗っちゃうのもいいよね、とのこと。

 本来は宙返りを連発して言い逃げする剛、という部分ではゆーっくり前回りして舞台袖へ消えて行ったのですが、からのゲンさん「なんつう身体能力だ!(迫真)」が面白すぎました。たぶん一番笑ったのここ。

 しかし井俣さん、進ノ介の台詞を取っておいてその後の自分の台詞はカミカミでいじられまくり。

 3度ほど挑戦して綺麗に言えたところで拍手が起き、「この中で一番役者の先輩なのに」と落ち込んでおられました。

・そこからの流れだったか、「剛はこんな感じのハッピー野郎だと思ったのに」と稲葉くん。

 剛が闇を抱えた子すぎて「詩島剛ってなんなんだ…いや、稲葉友ってなんなんだ…」的な状態に陥ったこともあったそう。

・馬場さんは霧子になりたいらしい。理由は「かわいいから」w

 稲葉くん「でも俺の姉ちゃんできんの? 姉ちゃん難しいよ?」「うちの姉ちゃんはかわいいし、ボケれるし、かわいいし、かわいいし、それにかわいい!」(総ツッコミ)

 馬場さん「妹ならできる」

 稲葉くん「妹? ……ありだな(真顔)」

 もし詩島家が姉弟妹の構成だったら剛は守る相手が増えて更に病むような気もする。

・締めでは一人一人からの挨拶。みなさんドライブへの愛や周囲への感謝を語ってくださいました。

 稲葉くんが喋っている時にちびっ子から「マッハー!」と声をかけられて「マッハだよ~」と言っていたんですが、他の回では上遠野くんがチェイスと呼ばれまくっていちいち「チェイスだよ」と答えてくれていたそうな…

 始めも始めの朝の回だったせいか泣いた人はゼロ。若干期待(?)してたんですけどねw

 夜の回では泣きそうになった蕨野さんが「ロイミュードは泣かない!」とか言い張ってくれたらしい。見たかった。

 幕が下りるときにけっこうみなさんしゃがんで手を振ってくれて嬉しかったです。

そもそもは話を振られなくてもツッコミまくる勢に稲葉くんがいることもそうだったんですが、たまたまなのかお題系のフリでも剛絡みが多くて稲葉くんがたくさん喋ってくれて、稲葉ファンの私としては大満足でした。

逆に内田さんや蕨野さん、馬場さんは自分からはあまり喋らず、チェイスについてのフリがほぼなかったのが寂しかったなあと。

多分写真を出してのトークやシーン再現は回によって違ったと思うのですが。

でもお話はあまり聞けなかった方々にせよ、生でこうして大阪でショーを観ることができてとてもよかったです。

MOVIE大戦の舞台挨拶なんかでまたこちらに来てくれればいいなあ。

帰りにグッズを購入し、ドライブの3人ライダーのものとオールライダーのタオル、パンフレットをゲット。

やっぱり仮面ライダーのデフォルメってなんかいいですよね。かわいい。

オールライダーの方はゴーストカラーでゴースト中心だったのですが、結構絵柄が細かい反面オーズなどの塗りつぶし+細かいデザイン勢は若干潰れ気味でしたw

このタオルはイベント限定らしい。

あと会場特典のあるVシネマの予約もやっていたのですがそこはスルー…。

まだどのバージョンを買うのか決めていなかったこともあり、割引がないとちょっとキツいこともあり。

とりあえずはMOVIE大戦を楽しみにしておきたいと思いますw